日向坂46

【日向坂46】ドキュメンタリー映画「三年目のデビュー」を見て想うこと。

どうも、れいです。
気づけば前回の更新から2ヶ月。

このブログ・記事を見てくださっている方は、お変わりなく過ごしていますでしょうか。自分は、一時期リモートワークにもなりましたが、今では通常通り電車に乗って出勤する日々を過ごしています。

さて、久しぶりのブログは、8/7に公開された日向坂46のドキュメンタリー映画「三年目のデビュー」を観てきましたので感想を書いていきます。

日向坂46というアイドルグループのドキュメンタリー映画を通して、人の温かさも改めて感じる気がします。日向坂46にファンはもちろん、なんとなく知っている人にも観やすい構成になっています。(むしろなんとなく知っている人が日向坂にハマるきっかけにもなるかも。)

上映中、涙を拭っている方も多く、自分自身も涙が溢れ、マスクがあってよかったと思ったのです。

ドキュメンタリー映画としての切り取り方

「けやき坂」の結成から「日向坂」への改名、その後の活動と、グループの歴史を振り返ることができます。今年の春に発売された「日向坂46ストーリー」を2時間にギュギュッとまとめて映像化しているイメージかな。おそらく、最近日向坂が気になる人にとっては、とても見応えがあるものになっているだろう。


ある程度活動を知っている・追いかけている方からすると、書籍やメンバーのブログなどで既に知っている内容・エピソードも多いはず。とはいえ、実際に映像を通して観ることでよりリアルに感じ、心に響くものになっている。

個人的には「青春の馬」のエピソードが特に印象的。メンバーのインタビューを映像として観ることで、メンバーにとっての”気づき”があったことがより伝わってきました。

全体としてグループ・メンバー全員にフォーカスがあたるようにまとめられています。個々のメンバーがフォーカスされる場面もありますが、それぞれの場面で周りのメンバーとの深い関係性も描かれている。

お互いを想い支え合えるのが、日向坂46というグループの強みの一つだろう。

メンバーの卒業

活動するなかでグループから離れていった長濱ねる・柿崎芽実・井口眞緒の3名に関しても映像にされています。それぞれがグループを離れる際にメンバーへ想いを伝えるシーン、一緒に活動したいけどもその決断を尊重するメンバーたち。

卒業に関して、さらっとではなくしっかりと伝えることで、ファンとしても気になっている部分を知ることができるはず。涙なしでは観れない人が多いであろうこの場面、是非映画館で観て欲しいです。

舞台の裏側をみせるコンテンツ

今回の日向坂46の映画だけでなく、ライブなど活動の舞台裏をコンテンツにしたアイドルグループやアーティストは最近多いかと思います。また、プロ野球やJリーグといったプロスポーツも、ベンチ裏やロッカールームなど普段知ることのない部分の映像を公開するチームが増えています。

一見華やかに見えるアイドルやプロスポーツ選手の舞台裏の部分をファンが知ることで、より感情移入して応援するきっかけになるかと思います。

映画「三年目のデビュー」でも、 スマートでかっこいい表の部分だけではなく、がむしゃらで等身大の部分も多く映像に取り込まれており、日向坂46というグループの魅了が凝縮されたドキュメンタリー映画になっています。

映画を観終わったあと、メンバーの絆の深さや温かさにほっこりし、次なる夢へ全力で走ってく日向坂を応援したいと、きっと思うはず。ぜひ、多くの人に観て欲しい映画でした。

to be continued

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA